白山城跡

  • HOME »
  • 白山城跡

白山城跡1  白山城跡2

白山城は鎌倉時代初期に武田信義が要害城として構築したもので、本城の北側と南側の2箇所に烽火台の跡があります。
左の写真は南西にあるムク台と言われる烽火台跡です。
また北に隣接する尾根には北烽火台と呼ばれる山城が存在しています。
白山神社は、加賀国(石川県)の白山を神体山とし、白山修験道として各地に広がりました。

sideTitle1
PAGETOP
Copyright © 韮崎市地域情報発信センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.